エフティヒア

東京自由が丘の結婚相談所エフティヒア。
婚活から素敵な出会いと結婚を求める方へ

婚活ブログ

new,結婚相談所のこと

アラサー男子がついに真剣交際に入りました。

こんにちは。

自由が丘の結婚相談所

婚活アドバイザー岡部美穂子です。

 

完全男社会、

仕事超多忙、

奥手、

 

と3拍子そろった婚活悪条件。


普通に生活してたら絶対に女子との出会いないだろう男子。

知り合いからの紹介で入会。

紹介者は彼からみたら職場の上司という関係。

 

 

パワハラ上司に無理やり入会させられたN君

 

「話だけ聞かせてほしいんだけど。

部下をつれて行く。」

と友人に言われて都内某所に向かった。

 

そのつもりで私もいた。

がしかし!!

 

「業務命令だ!入会しろ。

今すぐこの契約書にサインしろ!」

 

私の友人である上司に連れてこられてたN君

半ば強制的に入会させられた。

 

ええ~~っ。

 

パワハラだろ~~~

それは!!

と驚いた私(笑。

 

「もし嫌だったら、

クーリングオフがあるからあとで断ってもいいからね」

とN君に耳打ちした。

 

 

しかし感情表現があまり得意ではないN君は

私からみたら婚活する気なんてなさそうに思えたが

意外とその気があったようだった。

 

最初はパワハラだ~~~と思ったけど

こういう男子は強引に背中を押してくれる人が

必要なんだなと思った。

 

 

だって、仕事状況聞いてたら

こんなんじゃ絶対に結婚できない環境。

上司が心配するのも無理はない。

 

 

入会したのが1年半前。29才

一度いいところまで行ったこともあったが

「友達以上には思えなかった。」

という彼女からの理由で一度破局。

 

その後、家にもまともに帰れない程の

超多忙の期間がおとずれて

一度休会をしていた。

 

 

 

仕事が一段落ついてN君の婚活再開

 

そして仕事が一段落したとの連絡を受け

活動を再開したのが7月。

20代で入ったN君も、31才になっていた。

(こうやって知らず知らずのうちに年をとっていくのだ)

 

 

私は早速自分の会員をはじめ

知り合いの相談所に声をかけて、

彼に合いそうな人を紹介した。

 

数人会ってもらったその中に彼女はいた

そして、女性側の相談所の先生から彼女の状況を

報告してもらいつつ進めていった。

 

 

最初のうちはなかなか距離感が縮まらない様子だった。

 

もっと距離感縮めるよう意識して!

 

彼がいつもつまづくポイントだ。

友達以上恋人どまりで終わるという。。。

 

しかし、お相手側の相談所の方のフォローが効いたのか

なんか、ここ数週間で距離がぐぐっと縮まったような。

 

これは熟したな!

「よし、今だ!行けー!

 

真剣交際の申し出をせよ!」

と指示。


昨日めでたく彼女から承諾をもらった。お相手相談所の先生が

彼女の気持ちをいい感じに盛り立てていただいていたようで、

それなくしては、難しかったと思う。

 

これぞ相談所同士の

 

連携プレイが成せる技!

 

こんな感じで裏で交際フォローしてます。

 

男性には絶対に失敗しない

 

告白のタイミングを伝えます。

 

年内成婚目指してまでもう一踏ん張りだ!

 

ご興味あったら是非お話聞きにいらしてね!

 

お問い合わせ