エフティヒア

東京自由が丘の結婚相談所エフティヒア。
婚活から素敵な出会いと結婚を求める方へ

婚活ブログ

new,結婚相談所のこと

「結婚相談所で結婚した」といったら慰められた件

旦那様の仕事の関係でアメリカに在住の元会員、

成婚者のMちゃん(アラサー)

 

彼女からお友達を紹介してもらったので、

先日メッセでやり取りをしていたのですが、

 

Mさん

私が「結婚相談所で結婚した」

というと、

「気にすることないよ!」

謎の慰めが入りました。

 

「えっ??

気にすることないって…。

どういうこと?(汗)」

 

Mさん

「お金ださないと

希望の人に会えない

という慰め的な感じですね。

いまだに着物で見合いしてると

思っている友達も結構いますよ!」

 

お見合いイメージ?

 

「なななんと!!!」

 

着物でお見合いなんぞ、いつの時代の話だろうか…。

わたしはそんな、婚活したことないアラサー女子たちの

リアルな声を聞いて漠然とした・・・

 

自分で相手みつけて結婚した>結婚相談所で結婚した

 

自力で結婚相手を見つけた人はエライ!

自力で結婚相手を見つけられない人は劣っている。

自力で結婚相手を見つけるのが普通

自力で結婚相手を見つけられない人は能力低い

 

そういう優劣があるのでしょう。

相手も会いたいと思わなければお見合いは成立しない

Mさん

「しかも、相談所使えば

わりとすぐに希望の人に会える。

婚活したことない友人(既婚者を含め)は

みんなそう思ってます。」

 

そんなやりとりを繰り広げた。

 

 

「お金を出せば希望の人に会えて結婚できるなら

入会金100万とっても高くないわ!!!」

 

やはり「お見合い」という言葉の響きが良くないのだろう。

「初回デート」なんて名前の方がいいのかもしれない。

 

スポーツクラブに入会しただけで

引き締まった肉体になるわけではないし

100キロある体重が50キロたちまち減量するわけでもない。

 

結婚相談所に入会しても、

すぐに自分の理想の異性を紹介してくれるわけではなく、

もし紹介したとしても「相手も会いたい」と

思ってくれなければお見合いは成立しない。

 

 

結婚相談所は結婚の意思があり身元が保証されている

独身男女は集めています。

希望の人に会えるようにサポートはしますが

(それが結婚相談所の役目!)

ご本人の強い意志や努力も必要となってきます。

 

 

そして、「女子が素敵♪」って思うような男性は

他の女性がほっておくはずもなく

それなりの競争率を突破しなければならない。

 

もし仮に理想の男性と会えたとしても

そういう相手を射止めるにはそれなりに

自分で努力はしてもらわないといけない。

 

ものを買うのとはわけが違う。

そして、さらに親御さんたちの大きな誤解

 

Mさんの話はまだ続く

 

「親御さんも世の男子の収入事情を

よく理解してない可能性はめちゃくちゃ高いです。

私の母親もそこそこの大学出てれば

30歳くらいで1000万位あると思ってますよ。

お金持ちの親※はどんだけ説明しても

理解できないんですよ(愚痴)。

数値示しても何言っても無駄。」

※Mさんの家は金持ちである。

しかし、本人いたって普通の感覚で、全くハイスぺ狙いではなかった。

 

なるほど~。

これだけ世の中でいろいろ言われている中、

まだそんな理解なのだと愕然とした。

 

ちょっとそこの年頃の娘を

持ったお母さん!!

今の会社員の平均所得年収は

420万円なのですよ~~~

(国税庁発表 平成27年)

 

ハピコ連載コラム#4 相手に求める年収と現実

 

 

Mさんはそんな家庭環境に育っていながら堅実な感覚、

現実的な感覚を持ち合わせていたので

わりと早い段階ではお相手が見つかった。

 

現代の結婚相談所は、着物でお見合いもしないし、

会ったらその人と結婚しないといけないわけでもない。

 

でもお金で結婚相手は買えません。

結婚相手はプライスレス!

 

お申込み・お問い合わせ

 

 

 

エフティヒアのLINE公式アカウント始めました!

「直接会う前にちょっと聞きたいことがある」方はこちらからどうぞ

友だち追加

詳細はこちら